悩ましいのは色選び

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

次のクルマを選ぶとき、悩ましいのはボディの色。買いたいクルマが決まりグレードもほぼ固まる、ここまでは予算次第です。次は色。クルマによって定番カラーや、メーカーが広告で使うイチ押しカラーがあったりしますが、これに迷わず乗るか、アンチでいくか。悩むところです!。さらには、自分の歳、顔立ち、性格(地味か派手か、内向的か社交的か)等々まで考えてしまいます。

私個人の好みは、20代のminiから現在まで一時の例外を除きずっと赤いクルマです。赤いクルマは好きですが、赤が似合うクルマを選んだともいえます。もっとも、クルマ以外では青が好きで、似合うかどうかは別にしてシャツなんか青いのを結構持ってます。

では、なぜ青いクルマに乗らないかといいますと、日本の道に青いクルマは似合わないような気がするからです。ここでいう青とは濃紺ではなく、明るい青とかメタリックの青のことです。湿気の多い日本の空気に明るい青はどうも合わないなと思うのですが。