振込め詐欺と県民性

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

静岡県にいくつの市町村があるのか知りませんが、お隣の小山町は人口に対する振込め詐欺の発生件数の割合が県下1位で、御殿場は同じく6位なんだそうです。

もともと 静岡県人の県民性は、のんびり、おっとりとか、お人よし等々言われてまして、このことについては我々静岡県人自身も認めるところであります。
事実、戦国武将や政治家で天下に名を残すような人物はほとんどいないのに、これが富士山の向こう側のお隣、山梨県ではいるんです、何人か。

そんな静岡県のなかでの、1位と6位!。
被害者の方が現実にいらっしゃるんで、ここまでにしておきます。
何年か前のTVCMで、関西人の買い物途中のおばちゃん3人が、「あんた!それ詐欺やで~。お金はろたらいかんよぉ~。」みたいなのがありましたが大阪人はこの手の詐欺にはひっかからないのでしょうか?
大阪人をハメたら 詐欺師も一流、ということですか。

私自身にハナシを振れば、商売は下手だし、値切るなんてめったにしないし、もろ、「静岡県人」です。