レーダー探知機

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

少し前のことですが、コストコへ買い物に行く途中、スピード違反で捕まりました。東名で。

普段は出してもせいぜい150~60キロ程度で、無茶はしません。
この日は静岡県内で、警察車両に捕まるクルマを見てましたし、後部座席に2名乗せてもいましたので、特に速度は110キロあたりで控えめにしてました。

が、中井の手前で追い越し車線を走行中、後続のずっと一緒だったバンの後ろに白い車両をミラーで確認しました。
「いま、どきますよ」と走行車線の2台を加速しながら追い越し車線変更し、並びかけた白の車両に、何気なく目をやると、
なんとまぁ!おまわりさんじゃぁ ありませんか?!!。路肩に停止せよ、と!!

「そりぁ ないよ!それじゃさっきのM3はどうなのよ?」(M3がとんでもない速度で消え去ったのを見たんです)
と、思いながらも終始低姿勢でいましたら、20何キロの速度違反はみのがしてくれました。そのかわり、追い越し車線をずっと走っていたという、ナントカ義務違反6000円だけにしてくれました。
得したような、損したような。??

オチはここから。その時携帯電話を高速道路の路肩に落っことし、悪いことに落としたことに気づかず、だいぶ経ってから反則切符の電話番号にその旨連絡を取りました。

無謀にも、高速警邏隊のおまわりさんに、落としたと思われる場所を説明し、探してきてくれと頼んだところ、なななんと!夕方になって見つかったと連絡がありました!!。
落とした場所は高速道路だったけど、本線上でなく路肩だったので、無事その夜手元に戻りました。

この話しのキモは3つ。
ひとつ。捕まったら とにかく低姿勢で。
ふたつ。神奈川のおまわりさんは やさしい。
みっつ。レーダー探知機をつけるべし。