クルマはいつも屋根の下

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

完全なビルトインガレージとはいえないものの、(2方向から雨風が吹きかけます)駐車スペースに屋根があるのはホント嬉しい限りです!。
幅はミニマムなので、なにかと入庫には苦労がありますが、メガーヌ、カングー、500の3台が縦に収まります。嬉しいのは私だけではありません。3台ともみんな大喜びです。

特にルノーの2台はこれまでの数年間、雨の多い御殿場で風雨にさらされ、天気のいい夏場には朝から夕方まで日光に焼かれ、それはもう大変な思いをしてきたはずです。

ルノーの2台には新しいガレージで楽しい毎日を過ごしてもらいたい・・・

と、クルマと私の心温まる話に進むとお思いでしょうが、そうは問屋が卸しません。
残酷な私はこの2台の買い替えを検討中です。

クルマの置き場ができた途端にクルマ趣味の血が騒ぎ出しました。
歳を考えたら、次はドイツのMか、UKのAかなぁ~!

なぁんて、どちらも資金と車庫の幅が足りなくて無理なんですよ。