エンジンがスゴくても、カッコがこれじゃぁ

この後ろ姿を見て、30年以上前のラジカセが頭に浮かびました。当時流行りのラジカセはスピーカーは片側3つ、カセットヘッドがダブル、音質調整はイコライザーが付いて細かく設定できて、その他色々つまみが付いて、、、。あれもこれもてんこ盛りの技術優先。そうなると当然見た目はゴチャゴチャぐじゃぐじゃ。でもどのメーカーも大まじめに造っていたと思います。

あれもこれもの、なれの果て

で、このクルマ。デザイナーのコンセプトが懐古趣味、ノスタルジーなら逆に理解できます。ところが、どうも大まじめに造ったらしいので、ホンダの(このクルマの)デザイナーは30何年進歩がなかったと言うことです。