今年はこのまま春が来る?

1度か2度少し積雪はあったものの、今年はこのまま春がやって来そうです!。個人的には二つの理由で助かりました。ガレージ敷地内の雪掻きをしなくて済んだこと。もうひとつが足クルマを夏タイヤで乗り切ったことです。それまでの足クルマのルノーを昨年秋に廃車してその後500をアシにしてましたので、ケチって新規にそれ用のスノータイヤを買わずにいたのが正解でした。そろそろクルマエンスーにとって楽しい季節が始まるってことですね!!。

去年の積雪時の様子。毎年降ればこんな感じですけど(泣)!

ボタンを押して赤にしてから渡るヒト

時々ですが、押しボタン式の信号機の付いた横断歩道を、わざわざ赤にしてから渡るヒト見掛けます。それも対面2車線の普通の道路で、しかもガラガラなのに。多くのドライバーは赤信号に止められるのはイヤなものです。

その時ボタンを押して渡ろうとしたのは中年男性だったんですが、止められた私は、「きっと足でも悪いのかな」と。どこか身体が不自由だったりお年寄りなら文句はありません。ですが、このオトコは赤で止めた横断歩道をスイスイ歩いて渡るじゃあーりませんか!。間違いなく健常者です。スキスキの交通量で、たかが2車線ですよ。頃合い見計らってちゃちゃっと渡ればイイじゃないですか。こういうこと平気でする無神経な人、迷惑です。規律を重んじる日本人気質、いいようで悪い見本です。

で、私の法則では、この程度の道路では16歳以上の健常者は自己の判断でどこでも横断すりゃいいんです。横断歩道上を横断しようとする歩行者を確認したドライバーは、手前で停止しなければいけないわけで、そう考えるとそもそも信号機などイラんのです。

自宅からクルマで26キロ

御殿場の事務所まで片道26キロ、1時間弱で週五日。途中片側2車線の246号を使うときは意外とストレス溜まります。右レーンが追い越し車線、左レーンは走行車線のはずですね。ところが軽も大型トラックも猫も杓子も右を使い、左はガラガラという場面が多々あります。あと、左も右もガラガラなのに何故か右を選び、のんきに走るクルマ。こんなドライバーはきまってミラーなんか見ないので、後ろから明らかに速い車両が迫ってきても勿論気づくわけないので居座ります。

私の法則では、制限速度50キロでもその時の往来が70キロで流れていたら、右レーンの車両は70キロで走らなければなりません。もし70キロでは走りたくないとか走れないなら、速やかに左レーンに退くべきなんです。これには軽もスポーツカーもありません。

ところが、はじめに申しましたように流れに乗らず自分本位で走るドライバーの多いのにはほんとにストレス溜まりますし、がっかりもします。ですが、実際はこの時間を英会話のお勉強に使ってまして、何度聞いても聞き取れない頭の悪さにストレスが溜まるいっぽうです。

コストコのカートはクルマのマナーでね

年に何回か女房とコストコに行くんですが、カート担当は専ら私の役です。行く店によって時計廻りかその逆か決まっているのですが、生鮮品や肉類の売り場辺りで、時に圧倒的に対向車の多い云わば「流れに逆」の状態に遭遇します。そんな時は如何に他車の通行の妨げにならないよう、あのデカいカートをさばくか気を遣います。実を言うとそんなことでも考えてないと手持無沙汰で。

で、女房の食品選びよりイラっとすることは、カートを通路の真ん中に止めて試食品に群がってる客やカートの両脇に並んで歩く3人連れ。必ずいます。こういう人はたぶん右レーン(追い越し車線)にいつ何時も人の迷惑顧みず、後続車に譲りもせずに居座るひとなんでしょう。

マーケットのカートを見ればその国のクルマ文化の度合いがわかる、これ私の持論です。

連勝 清水エスパルス

今日も勝って、なんと6連勝ですよ!。ホントに強い。個々のチカラが融合してチームとしてはその何倍ものパワーとなって表れている、まさに化学反応のような状態でしょうか!。自動昇格の2位まであと少し。残り3試合で松本に勝ち点で追い付けば清水の昇格が確定します。今年もホーム戦は全戦現場観戦中でございます!。

ツール(ドフランス) 見てます。

今年もツールドフランスが始まりました。ただ、見たくたって毎晩3,4時間もライブ中継を見てられません。そこで見られない晩はHDDに録画しておくわけですが、結局その時間分の時間がなくてやっぱり見られません。そもそもなんでそんなに見たいのかというと、ヨーロッパの街並みや街道・峠道の景色はもちろん、路肩に停められたモーターホームや乗用車を見るのもクルマ好きにとっては結構楽しいものです。あと、熱狂的でおバカな観衆の応援ぶりも見ものです。ほぼフルチン男や、着ぐるみ・コスプレ系に体力勝負の伴走派等々、年に一度のお祭りなんですね。

これから3週間 楽しみです!!。

 

Go Go! 清水エスパルス

ご存じのように今季からJ2落ちの清水エスパルス。それでも私は相も変わらずホームゲームだけはと日本平へ出かけてます。以前なら2万人くらいは入った観客数は、今では1万切るくらいから、よくて1万4,5千程度。チーム名をフルネームで言えないような対戦相手とあっぷあっぷの試合運びも度々ある有様で、4ヶ月経った現在もランク中位が現状であります。しかし、ここへきてようやく明るい兆しが!。エース大前の怪我による長期離脱がかえってチーム全体の意識改革につながったようで、まさに「禍転じて福となす」ながれになってきました。もともと技術は高いレベルの選手たちですから夏からの快進撃を期待せずにはいられません!!。

三島にミッキーと仲間たちがやってくる!

私の住む三島にミッキーマウスがやって来ます。ディズニーシー開園15周年のイベントで、全国15都市開催のうちのひとつに選ばれたという次第です。ミッキーとディズニーの仲間たちに、初お披露目の「ドリームクルーザーⅢ」のおまけ付きだそうです。三島大社鳥居前から広小路駅までの大通りをパレードする予定で、全国のマニアが3万人に予想観客数は数万人になるらしい、前日の市内ホテルはすでに満室。と相変わらずのディズニー人気です。我が家は大通りのすぐ近くですが、ベランダからは通りがチラッとしか見えないので、当日はどこか場所を確保しないといけません!。

聞いたところでは、、、

ミッキーさんはその国の同時刻にはふたり(2体)と存在しない、唯一無二の存在だそうでその辺りのことは厳格に管理されているらしいです。まさにやって来るミッキーさんは本物の「なまミッキー」なのです。

エンスー度数は日本一か?

大昔の話ですが、小学生の頃友達と自転車で富士スピードウェイのレースを見に行き、帰りの246の大渋滞に珍しいクルマを見つけては心が躍ったものでした。

今ではレース当日でも大渋滞はなくなりましたが、御殿場市内を貫く246と138では普段めったに見ないであろうスーパーカー、クラシックカー、超の付く高級車を普通に目にします。たぶんその日はクルマ雑誌の試乗会だったり、どこか近くでクルマイベントがあったからとかなんだと思いますが、よその街とはこのへんが明らかに違うところです。

サーキットの地元ですからレース関係の工場があちこちにありますし、レーシングドライバーだって住んでます。レース関係以外ではフェラーリもアバルトも博物館はなくなっちゃいましたが、富士箱根のドライブコースの入り口であり出口としての御殿場は、今でもエンスー度数は日本一かもしれません。

イベント当日直前報告

本日、13日は例の新東名イベントの日であります。

現在、東名は各所で渋滞発生とのことで、予想されたこととは言え参加者並びに参加車両のことが気になります。
無事に現場へたどり着けるのかどうか

暑さはどうでしょうか?ここのところ猛暑日が続いていますが、
曇りくらいがちょうどいいですね。
雨の心配は、一時降るかもしれません。山ですから。

と言うわけで、
天気に渋滞と、皆さんに声をかけた側としては何とか無事に、終わってくれたらと、
思いながらそろそろ出かける時間になりました。